更年期うつサプリ

更年期うつかもしれない・・・

 

更年期は、女性ホルモンの減少によって、閉経前後の45〜55歳くらいで起き、更年期障害と呼ばれるいろんな症状が現れてきます。

 

 

更年期障害には、ほてり、めまい、動機、冷え、頭痛、肩こり、腰痛、耳鳴り、息切れ、腹痛、頻尿、倦怠感、目のかすみなど様々な症状があります。

 

また、このような身体的な症状だけでなく、更年期には不眠、落ち込み、イライラ、不安といった精神的に不安定な症状も現れてきます。

 

 

このような精神的な症状は、うつ症状にも似ているため、更年期障害なのか更年期うつなのかがはっきりしない場合もあります。

 

更年期うつなのか・・・、こんな悩みのある方も多いようです。

 

  • 40代後半の女性です。更年期障害がひどくなり、ホルモン治療や漢方薬治療、さまざまな更年期障害に効くというサプリや運動をやり続けていますが、効果が上がらず、治療に限界を感じています。次第にひどくなり、あまりの苦しさからうつ状態がずっと続き、先の見えない闘病への不安と心配から、更年期障害から更年期うつ病になってしまいました。
  •  

  • 私は今年で52歳になります。更年期障害での不眠や体調不良が続き日常生活で物事に関心をもったり出来ず、どうでもよくなりふさぎ込むようになりました。娘が一昨年結婚し、私の役目も終わったと思ってしまいます。このままでは悪循環で良くないので何とかしたいのですが、うつ病の薬を飲むのも嫌で。うつからも更年期障害も治療して解放されたいです。
  •  

  • 現在うつ病なのか更年期障害なのかよく分からないのですが、とにかく身体が不調で困っています。およそ3〜4年は患っています。精神科にも通って抗うつ剤を飲んでいた時期も2年近くあったのですが、効いているのかどうかも良く分からないし、それでも副作用はあるしで、おそらく全く良くならなかったため、勝手にですが通院と薬の服用をやめてしまいました。

 

教えて!Gooから引用

 

 

このように更年期にうつ症状が出ると、更年期障害からそのうつ症状がでているのか、それとも別の原因からくるうつ症状がよくわからない方が多いようです。

 

 

更年期障害の薬ではよくならないし、うつ病の薬はできれば飲みたくないという切実な悩みがあります。

 

 

更年期障害と更年期うつの違い

 

更年期障害は、閉経後の女性ホルモンのエストロゲンの減少が原因で起きるため、分泌が少なくなったホルモンの補充をするホルモン療法で治療します。

 

それに対して、うつ病は脳の神経伝達物質が活性化されていないことが原因で起きるといわれています。セロトニンやドーパミンといった脳の神経伝達物質を活性化することが必要で、そのために抗うつ薬などで治療が行われます。

 

 

更年期の時期は、女性にとって子供の独立や結婚、退職、夫婦関係、介護といった様々な問題や生活変化が重なるために、この時期にうつ症状が出てくる方もいます。

 

この場合は、更年期にうつ症状が出てきていても、その原因は女性ホルモンの減少とは直接関係がないため、更年期障害のホルモン治療をしても症状は改善しません。

 

しかし、厳密にその理由がホルモンの減少なのか生活環境の変化なのかを区別することは難しいため、一般的に更年期に起こるうつ症状は更年期うつと呼ばれています。

 

 

このような更年期うつの症状が出た場合には、婦人科や精神科で症状や生活環境の変化があるかどうかも含めて医師に相談するようにしましょう。

 

更年期うつを治したいけど、薬は飲みたくない

 

更年期障害の治療は、ホルモン療法や漢方薬治療が行われますが、それ以外にも更年期障害のためのサプリメントもたくさんあります。

 

薬は副作用の心配や不安があるために、できれば飲みたくないという方も多いようです。

 

その点、サプリメントは薬のように副作用の心配もあまりありませんし、健康維持を含めて総合的に効果があるので、サプリメントを飲まれる方も増えています。

 

 

最近は高齢化とともに更年期障害のサプリメントもたくさん発売されてきています。

 

 

そこで迷うのが、更年期うつを薬ではなくサプリメントで治そうと考えた時に、「どのサプリメントを選べば更年期うつに効果があるのか」ということですよね。

 

 

更年期障害のサプリメントでは、更年期うつは治らないことも多いようです。

 

 

その理由は、うつ症状の原因が女性ホルモン減少ではなく、セロトニンなどの脳の神経伝達物質が原因であれば、いくらホルモンを補充しても効果がないからのようです。その場合は、うつ症状を改善してくれるメンタル系のサプリメントを選ばなければ効果は期待できません。

 

 

更年期うつといっても原因によってサプリメントは違ってくる

 

女性ホルモンの減少が原因なら更年期障害サプリメント

脳の神経伝達物資が原因ならメンタル系サプリメント

 

 

但し、実際に原因がどちらなのかを厳密に区別はできないので、まず更年期障害のサプリメントを試してみて、それでも効果がないようなら、メンタル系のサプリメントを飲んでみるという方法もあります。

 

更年期障害の身体的な症状が特にない場合には、まずメンタル系のサプリメントを先に試してみてもいいかもしれませんね。

 

 

どちらにしても、サプリメントなので薬のように副作用の心配はあまりないですし、通販でも手軽に購入して試すこともできるので、薬でも更年期うつが治らないっていう方は、サプリメントを一度試してみると効果があるかもしれませんよ。

 

更年期うつにおすすめのサプリメント

 

更年期うつの症状の、イライラ、気分の落ち込み、不安などに効果があるといわれているメンタル系のサプリメントで、口コミなどでも評価のあるサプリメントを紹介しておきますね。

 

気分の落ち込みや不安からくる、不眠などにも効果があるサプリメントです。

 

 

こういったメンタル系のサプリメントは、薬局やドラッグストアではあまり売られていませんし、店頭で購入するのも少し抵抗感がありますが、通販なら他の人に気づかれずに購入できるし、手軽に試すこともできるのでおすすめだと思います。

 

 

リラクミン

 

 

メンタル系のサプリメントを専門に販売しているリラクルという会社のサプリメントです。

 

症状別に5種類のサプリメントがあり、より自分の症状に合ったサプリメントを選ぶことができます。

 

イライラや気分の落ち込みを改善してくれるのは、リラクミンクリアというサプリメントでセントジョーンズワートが主成分として配合されています。

 

  • 最初は半信半疑でした。更年期からくると思われる不眠に悩み、ここ2年ほど病院で睡眠導入剤をもらいそれを飲まないと眠れないようになってしまっていました。果たしてこのままでいいのか・・・と不安になり、薬以外のものに切り替えていけたら、と思っていたところこちらを発見。初日は寝つくのに30分〜1時間ほどかかったように思いますが、2日目は10分ほどで寝付いたように思います。しかもぐっすり眠れていて、トイレにも起きず10時間も眠っていました。
  •  

  • 不眠とうつ状態になり、半年ほどメンタル系のお薬を多数服用していました。減薬の補助になればと思い購入してみました。私にはとても合っていたようで、すぐに効果あり!朝までグッスリ寝られました!翌朝もスッキリ起きられます!今ではお薬は飲まず、これだけ服用しています。イライラや憂うつも減りました!



 

 

セロトアルファ

 

 

イライラやストレス改善の効果があるといわれている大麦発酵酵素を主成分にしたメンタル系のサプリメントです。

 

大麦発酵酵素は、ビタミンやミネラル、たんぱく質といった栄養をエネルギーに変換してくれる「幸せ成分」と呼ばれている酵素成分が多く含まれていて、免疫機能も高めてくれます。

 

セントジョーンズワート以外の成分のメンタル系のサプリメントを探されている方にはおすすめです。

 

  • 朝の目覚めが気持ちよく爽快になりました。以前は何をやるにしても積極的になれなくてぼんやり過ごしていたのですが、今では毎日元気に飛び回っており、また何か新しいことを始めようという意欲も出てきました。
  •  

  • ここ何年かはため息ばかり出ていました。勧められて半信半疑で飲み始めたのですが、しばらくすると「そういえば…」が多くなりました。「そういえば寝る時あれこれ考えなくなった」最初は偶然かと思いましたが、それからというもの何をやるにしても前向きに考えられるようになり、家族からも最近明るくなったね」といわれ今では生活も充実しています。